CATEGORY

API

API】Instagram API 登録してみた(申請はしないw)

明日へ向かって走れ!

1,502 PV

インスタから特定ハッシュの投稿をとってきて表示したいなーと思って色々調べていたら、2016年6月の阿鼻叫喚 API 仕様変更にぶち当たったので、
必要そうな部分だけかいつまんでチェックしてみました。

大ざっぱ過ぎる変更点

  • 2016年6月1日から Instagram API は登録制から申請制になった
  • 基本的に自分が発行したアクセストークンは、その認証アカウントにまつわる投稿にのみ有効(Sandbox モード)
  • Sandbox モード(認証アカウントの最新20件、ログイン10アカウント、閲覧数制限付き)なら申請なしで使える

個人で使用する分には Sandbox モードで十分そうだったんですが、特定ハッシュの投稿リストが無理ということが判明。とりあえず Sandbox モードで登録してみることにしました。

ざっくり Sandbox モード API 使用までの流れ

  1. Instagram developer に Instagram ログイン状態でアクセス
  2. 「Registar a New Client」ボタンを押して新規 API を登録スタート
  3. フォームに色々と入力(一応全部頑張って入力)
  4. 登録が完了したら CLIENT ID と REDIRECT URI を確認
    下記 URL を適時書き換えてアクセストークンを取得
    https://api.instagram.com/oauth/authorize/?client_id=CLIENT-ID&redirect_uri=REDIRECT-URI&response_type=token
  5. [REDIRECT URI]#access_token=ACCESS-TOKENの形で出されるアクセストークンをゲットできたら、
    https://api.instagram.com/v1/tags/nofilter/media/recent?access_token=ACCESS-TOKEN
    にアクセスすることで、トークンが正しく使えるかを確認
  6. API Endpoints ページ内にあるScope: public_contentとなっていないものをチョイスして、JSON 形式でデータが返ってきたらおめでとう

細かい登録方法や内容はちゃんと調べてくれているサイトさんがありますので、そちらをご参照ください。

ちなみに当サイトで記事として投稿されている Instagram の記事は、Intagrate Lite という WordPress 用のプラグインによるものなので、今回のAPI でとってきて表示しているわけではありません。

 

CATEGORY : API

TAGS : | |

GO TOP